期間が空く謎

何度も通わなくてはならない歯科には、回数だけでなく次の予約までに時間がかかってしまうこと不満の一つでしょう。
これにはいくつかの理由があると思います。

まず、治癒するまで時聞が必要な歯を削ったり、神経を抜いたりしたときには翌日に痛みが出てしまったり、うずいてしまったりすることが多いでしょう。
そんなときには、ある程度の日数を空け、落ち着いてからでないと次の治療は難しいと思います。

例えば、歯周病で歯ぐきがはれたとき、抗生物質を飲んではれが引くのを待ってから治療を進めるでしょう。
骨折や風邪と同じように治癒するまでの時問が必要なことがあるのです。

また、削った歯にかぶせ物をするときには、補綴物と呼ばれるクラウンやブリッジがでかがるまで待たないといけません。
歯科医院によっては医院内に歯科技工士がいて数日で出来上がることもあるのですが、普通は歯科技工所に依頼しなくてはなりません。
そうすると、到着まで数週間かかってしまうので次の治療に進むまでに時間がかかってしまうのです。

最後に、予約がいっぱいということがあります。
もしかするとこれが一番多い理由かもしれません。
医学的には翌日に治療できる状態でも医院の予約がいっぱいということはとても多いように感じます。
歯科医が一日に治療を行うことができる患者さんの数はそれほど多くないので、都市部の歯科医院や人気の歯科医院ほど予約はすぐには取れないものなのでしょう。

患者様の中には、いつから引っ越してしまうとか、特別な用事があるなどでいついつまでに終わらせなければならないという事情をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
そういう場合には、初診の段階でお医者さんにそういったご事情を予め伝えておいたほうが良いと思います。
間に合うように配慮して頂ける場合もありますし、そうでない場合には他の歯科医院にかかるということも検討できるでしょう。