診察台に放置される謎

かつて歯科医院に通院していたけれど、担当医の顔や名前を殆ど知らないという経験はないでしょうか。
ほとんど会話をすることがなく、どんな歯科医師に治療をしてもらっているのわからないというのは不安でしょう。
診療台のうえで診察を行うという歯科独特の性格上、歯科医師と患者さんが向かい合って話すことは少ないと思います。
しかし、治療の最初に「痛みはどうか」とか「体調はどうか」と聞いたり、更には、今日はどんな治療をするのかを説明したりするのは当然のことでしょう。
患者さんを不安にさせるような歯科医は褒められたものではないと思います。

実際、著名な歯科医の殆どは治療の最初と最後に必ずあいさつをしているように思います。
歯科医だけでなく、治療後に歯科衛生士にバトンタッチしたあとでも、患者さんがお帰りになるときには挨拶を徹底している歯科医もいらっしゃいます。
お見送りするのは礼儀でしょう。

若い医師はマナーやコミュニケーションに関する教育を受けています。
それは、2005年から本格的に導入されるようになった、客観的臨床能力試験(OSCE)と呼ばれる試験によるものです。
医師を目指す歯学大学生は臨床実習に入る前にこの能力試験に合格しなければならないと定められています。
ここでは診察の技能の他に、態度やマナーなどを厳しく判定されるのです。
そのため、マスクを外し、名札を提示して丁寧に自己紹介をする研修医がとても多くなっているように感じます。
これは、先輩医師も見習うべき点でしょう。
礼儀正しい歯科医師は患者さんからの信頼も厚くなり治療にも良い影響を与えると思います。

これだけでなく、患者と歯科医が向き合って話す場となるカウンセリングルームを設置している歯科医院も増えいるようです。
初診のときだけでなく、今後の治療方針の説明などの必要なときにはカウンセリングルームで向かいあって話すのです。
診察台に座った状態では歯科医の説明もなかなか頭に入らないでしょう。