重複予約の謎

歯科医院で予約の時間なのに、自分以外の患者がたくさん並んでいる。
診察台の上で長時間待たされてしまう。
そのような不満を抱かれるような歯科医院は珍しくないと言われています。
ただし最近では少なくなっているようで、1人の患者を丁寧に診る歯科治療が進んでいるように感じます。

しかし、診察時間の中には歯の型どりをしている時間や、麻酔が効くまでの時間などなど、医師にとっては待ち時間になる治療な少なくありません。
そのため、その待ち時間になる間に他のの患者さんを診察するということはあるでしょう。

また、同じ時間に予約をしているのではなくても、時間がかぶってしまうこともあるようです。
歯科は外科的な治療のため、症状によってははじめの予想以上に時間がかかってしまうことも多いようです。
膿がたまっていて麻酔が効きにくかったり、痛みがひどくてすぐに治療に入れなかったりなど、治療のかかる時間の想定が難しいのでしょう。
他にも、患者さんが遅刻するなど医師にとっては不可抗力な時間の遅れもあります。
そういった場合には、たとえ予約どおりに医院に言ったとしても他の患者さんと重なってしまうこともあるのでしょう。

歯科医院はキャンセルがあった場合でも医院が暇になってしまう時間が少なくなるように、同じ時間帯に複数の予約を入れている歯科医院があるようです。
突然のキャンセルは1日に診察できる患者が多くない歯科医院にとってはとても大きな損失となることでしょう。
医院の損失を抑えるために、予約を被せるということは理解できますが、それで患者さんが損失を被るようでは問題ではないかと思います。
双方ともに納得のいくようなシステムが構築できればいいですね。