歯科治療とスケジュール

歯科医院のスケジュールが30分になっていることに、疑問を抱く人は少なくないのではないでしょうか?他の外科や内科であれば、その場で予約をせずに、診療を受けることができますが、なぜか、歯科医院だけは30分一組の予約制をとっていることが多いということは、不思議に考えた人も少なくないかもしれません。実は、これは歴史的に見れば、日本の歯科医院が進歩してきた証拠でもあるのです。バブル期などの病院が慢性的に足りていなかった時代においては、歯科医院の数自体が非常に少なく、どんなに歯が痛くても、予約をしない場合も多かったため、常に、歯科医院には人が溢れており、全く治療が進まなかったという現場もあるという風にもききます。そのような中で、このように時間制を導入することで、なるべくスムーズに患者を回していくことができるということが、できるというわけなのです。多くの治療方法や治療システムでは、30分以内で治療が終わるようにできていますから、非常に合理的、かつ、効率的な方法であると言えるのではないでしょうか。残念ながら、このような30分制というのは、歯科医院にとっては、あまり良い方策ではなく、もしも患者サイドが何度もキャンセルをしてしまったりした場合には、全く利益があげられないということにもなりかねない、という風に聞いたことがあります。外見を見れば、非常に儲かっているんじゃないかという風にも思われがちな部分はあるかもしれませんが、相当内部では苦労が溜まっているということもよく認識しておくといいかもしれませんね。いずれにしても、このようにキャンセルが大きな痛手となってしまう歯科医院の体質をよく理解した上で、きちんと責任をもって予約をしておくということが重要だと言えるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です