歯科医の対応能力

歯科医師に関するマナーの良さ悪さというのが、インターネットの口コミなどに投稿されることが多くなってきており、治療技術にかかわらず、しっかりとコミュニケーションをとるということは、年々重要度を増してきていると考えても間違いないと言えます。ある歯科医師の話によれば、2005年から導入されたコミュニケーション能力試験が、歯科医師の患者への接し方に関する重要なパイプラインとなっている可能性を指摘しています。それまでは、歯科医師と患者の関わり方について、明確なラインがなく、どのようにしてそのような技術を身につけるのかということは、本人の裁量に任されている部分もあったわけですが、2005年の能力試験の導入によって、歯科医師を目指している大学生が、コミュニケーションの技術などを明文化された教科書で学ぶことができるということは、何よりも素晴らしいことである、と言ってしまってもいいかもしれません。この試験は、コミュニケーション能力の向上だけに関わらず、診察の技術や、マナーや礼儀、そして同業者への関わり方なども含めて、患者がどのような気持ちでこれらを判断するのか、という視点に立ちつつ、評価をされるということのようです。2005年の導入前に歯科医師になった方の中には、あまり患者へのコミュニケーション能力が高くなく、ほとんど意思疎通なく治療を進めてしまうという方もまれに見かけることがある、という風にも聞いたことがありますが、2005年の試験導入意から歯科医師になられた方は一定のコミュニケーション能力がしっかりとある方であるというふうにみなしてよいと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です