白い歯について

現代、歯医者で歯を矯正したり、ホワイトニングで歯をキレイにしたりと、美しい歯並びに、白い歯は誰しもが憧れなのではないかと思いますが、皆さんは、「お歯黒」という、現代においては滑稽な習慣が日本にあったことを御存じですか?

「お歯黒」・・・化粧、虫歯・歯周病予防、虫歯隠し、社会的立場の表現となどして用いられていた

その起源は不明とされているが、古来より、日本も含め、中国、東南アジアなどにみられる歯を黒く染める風習。日本では、大正時代の前後に、日常からその姿はみられなくなった。現代では、お祭りや儀式、演劇などでその姿を見ることができる。

現代の日本では、「白い歯」が、いわゆる美を象徴しているように世の中の風潮は感じられます。例えば、歯科の受付に貼られるポスターには、「ホワイトニング」という文字が大きく書かれ、真っ白な歯をみせながら若い女性が微笑んでいたり、歯磨き粉を買いにドラッグストアに足を運んでみると、ホワイトニングをうたった製品がずらっと店頭に並んでいる光景に出くわしたりします。現代人は、お歯黒には興味がないようで、もっぱら白い歯を魅力的と感じているようですね。時代の流れとは、実に面白いものです。女性のファッションや学生の制服も、長いスカートが流行りの時もあれば、短いスカートが流行ることもあります。お歯黒は、この先、流行ることはあるのでしょうか?歯科の受付のポスターに、歯を黒く塗った女性が微笑んでいる日が、今後訪れるのかもしれないと思うと、実に興味深いです。世の中の人間の風習というものは可笑しなものですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です