時間を有効活用した歯磨き方法

食事をする際に分泌される唾液は、口内環境を整える働きを持っていると考えられています。この唾液の効果を効率よく得るには、歯磨きの方法を変えるだけで、食事をしなくても唾液の分泌を促して、歯も、体も健康に保ってくれるという効果を期待できると言えるでしょう。この歯磨き方法には、歯ブラシの毛質とか正しいブラッシングなどは必要なく、長い時間、歯ブラシを「くわえている」ことが重要と言えるでしょう。歯ブラシを長時間くわえていればいるほど、たくさん唾液が出てくることは想像できるでしょう。これが、ミソと言えるのです。しかし、洗面所の鏡の前でぼーっと歯ブラシを加えているなんてとても現実的ではないでしょう。忙しい人こそ、この方法は合っていると言えるのが、何かをしながら行えるということでしょう。デスクワークや書類整理などの多い仕事であれば、食事の後に、歯磨き粉をつけずに歯ブラシを加えたまま仕事をするのもと良いでしょう。家に帰ってからゆっくりしなくちゃ眠れないという人は、その時に、リラックスしながら歯ブラシを加えるだけで良い方法が、この方法です。磨くのは、ただ、気になった時のみでいい。それだけで、唾液の分泌は促進され、食事を取らずにその効果を活用できるという仕組みです。この方法なら、無理なく続けられ、誰でも生活に取り入れやすいのではないでしょうか。歯医者さんに怒られてしまいそうなズボラな歯磨き方法ですが、体はしっかりと作用してくれるのではないでしょうか。毎食後は難しいかもしれませんが、まずは3日に一回とか、自身の無理のないペースで初めてみると良いのではないでしょうか。習慣化される頃には歯も体も健康そのものになっているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です