歯周病と健康

歯周病を放っておくと、口内に影響を与え、場合によっては体全体にダメージを与えてしまうことがあります。まず、歯周病が進行すると、歯を支える組織が壊れていきます。これにより歯がぐらつく、歯茎から膿が出る、口臭が発生するなどの症状が表れます。処置を行わずに放っておけば、最後には歯が抜け落ちてしまいます。歯周病は歯茎が炎症していますので、傷口と同じような状態になっています。この傷口に歯周病菌が入り込むと、血中を通って全身に悪影響を及ぼします。心臓病や脳血管疾患など、重大な病気に繋がってしまうことも珍しくありません。他にも、特に寝たきりの老人などは、誤って固形物を吸い込んでしまう「誤嚥」を行ってしまうことも多いそうです。歯周病菌が入りこんでしまうと、誤嚥性肺炎を起こしてしまうリスクが高まります。

歯周病菌は、内毒素を持っています。内毒素はエンドトキソンとも呼ばれており、細胞壁に含まれる成分のひとつです。通常は毒性がないものの、細菌が死滅した時に毒力を発生させます。歯周病菌は、場合によっては血液などに入って体内をめぐりますが、侵入者である細菌を殺す作用を持っています。つまり、「毒を発生させる歯周病菌の死骸」が、口内以外にもダメージを与えているのです。歯周病にかかると糖尿病の症状が悪化する、もしくは糖尿病になると歯周病になりやすいという、相互に悪影響を及ぼしていることも分かってきたそうです。歯周病菌の影響で、インスリンの働きを邪魔してしまうのです。そのため歯周病の治療を行うことで、糖尿病の症状緩和も見られています。歯周病を予防することは、糖尿病だけではなく、全身の病気を防ぐことにも繋がります。生活習慣も合わせて、しっかりとしたケアを行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です