歯科治療とスケジュール

歯科医院のスケジュールが30分になっていることに、疑問を抱く人は少なくないのではないでしょうか?他の外科や内科であれば、その場で予約をせずに、診療を受けることができますが、なぜか、歯科医院だけは30分一組の予約制をとっていることが多いということは、不思議に考えた人も少なくないかもしれません。実は、これは歴史的に見れば、日本の歯科医院が進歩してきた証拠でもあるのです。バブル期などの病院が慢性的に足りていなかった時代においては、歯科医院の数自体が非常に少なく、どんなに歯が痛くても、予約をしない場合も多かったため、常に、歯科医院には人が溢れており、全く治療が進まなかったという現場もあるという風にもききます。そのような中で、このように時間制を導入することで、なるべくスムーズに患者を回していくことができるということが、できるというわけなのです。多くの治療方法や治療システムでは、30分以内で治療が終わるようにできていますから、非常に合理的、かつ、効率的な方法であると言えるのではないでしょうか。残念ながら、このような30分制というのは、歯科医院にとっては、あまり良い方策ではなく、もしも患者サイドが何度もキャンセルをしてしまったりした場合には、全く利益があげられないということにもなりかねない、という風に聞いたことがあります。外見を見れば、非常に儲かっているんじゃないかという風にも思われがちな部分はあるかもしれませんが、相当内部では苦労が溜まっているということもよく認識しておくといいかもしれませんね。いずれにしても、このようにキャンセルが大きな痛手となってしまう歯科医院の体質をよく理解した上で、きちんと責任をもって予約をしておくということが重要だと言えるでしょう。

 

治療の手段

歯科治療の一般的な治療の手段としては、歯を削って、その部分に被せものをする、という方法をとることが、非常に多いということは、皆さんもわかっているかもしれません。このような詰め物のことを、ブリッジと呼び、歯に空いた穴にしっかりと蓋をする役割を担っているわけです。ブリッジは、昔は数日間をかけて金型を発注して外注していたこともありましたが、現在では、歯科技工士が歯科医院の中に入ることで、その日のうちにブリッジが完成している、ということも多くなってきたことは、歯科医院の技術の進歩であると言えるでしょう。それでも、かなり特殊な形に歯を削ったり、大きく歯を削ったりして、特殊なブリッジが必要になった場合には、その日のうちに完成しないこともありますから、事前に相談をしておくことが重要だと言えるのではないでしょうか?治療に関しては、このように様々なところで、連携が取れているところが多く、小さな歯科医院などに通ってしまうと、その日のうちに、全ての治療の皇帝が完成しない、ということにもなりかねないわけで、よほどの理由がない限りは、まずは大きな歯科医院を見つけて通ってみると良いのかもしれません。それくらいに、重要なポイントであると言えるでしょうし、歯科医院の先生の腕と同様に、見ておくべきポイントであるとも言えるのではないでしょうか?ともかく、他の風邪や骨折などといった、日常的な病気や怪我とは異なり、かなり専門的な手法を用いることが多くなるのが歯科治療であるため、常に、歯科医院と相談をしながら、ひとつひとつの治療方法についてよく説明を聞いておくということが、何よりも重要であるということはもうおわかりいただけてるのではないでしょうか?

噛める歯と認知症予防

認知症に深くかかわる口の健康ですが、なかでも「よくかむ」ことに注目が集まっているようです。

ある咀嚼の歯科医は「咀嚼とは、単に歯でかむことのみならず、食べ物をかみ砕き、すりつぶし、だ液と混ぜ合わせてのみ込める状態にするという一連の動作なのです。歯だけでなく舌やあごなどが無意識のうちに同期して動くことができることが複雑な動きを求められる咀嚼を実現しているのです」といいます。

きちんとかむために必要なものはやはり歯でしょう。近年では8020運動を始めとした様々なキャンペーンの効果で高齢者でも歯が十分に残っている人が多いといいます。とはいえ、歯が残っているからよくかめるとは限らないと思います。近年では歯周病が進んでも歯を残したがる傾向があるので、十分に機能しない歯では十分な咀嚼は難しいでしょう。そういった意味では総入れ歯にしている方が、不健康で歯が残っているよりは良いと言えるのでしょう。

重要なのは歯の数より確実に噛めているかだと思います。抜歯後に義歯を入れることを考えても、歯周病で抜かざるを得なくなった歯を残しておくのはあまりおすすめできないようにも思います。治療で抜くべき歯を残しているというのは周囲の歯槽骨(歯を支えるあごの骨です)が痩せ細ってしまい、今後の入れ歯やインプラントの装着が困難になる可能性もあるように感じます。

近年では咀嚼能力検査と呼ばれる検査が知れ渡ってきました。特定の歯科医院で検査ができるもので、自身の咀嚼力を調べることができます。いま入れ歯で心配だとか、歯の健康に不安を抱えている人はぜひ一度受験してみると良いと思います。

歯の冷凍保存

 

矯正で歯列におさまらなくなった歯や20歳前後で生える親知らずは、不要な歯として抜かれることが一般的です。この健康なのに抜かれてしまう歯を将来のために冷凍保存する研究が進められています。この冷凍保存は歯の銀行と呼ばれ、大学内のベンチャーとして運営が始まったようです。この冷凍保存の最大の特徴は特別な冷凍方法を行うことで歯根膜を残したまま保存や移植ができることだといいます。この歯根膜は歯根とそれを支えている骨の間にある薄い膜のことで、歯のクッションの役割を果たしています。このしなやかなかみごこちは歯科インプラントでは再現できないと言います。

全国の提携している歯科医院で抜歯された健康な歯は一定時間以内に保存する大学まで運ばれます。そして、マイナス150度で保管し、必要になれば歯科医院に届けられ、移植されることが計画冴えています。移植後は数ヶ月で定着し噛めるようになるとされています。移植する必要があるのは根の部分だけでその上の歯冠部は形成するので形が僅かに合っていなくても適用できる可能性が高いと指摘されています。

こちらも問題となるのは費用面でしょう。費用は歯の検査と輸送、20年の保管で約13万円かかるといいます。20年以上の保管が可能な技術が確立されてきており、延長が可能で移植や形成などには別途費用がかかるようです。費用面では様々なハードルを抱えているこの技術ですが、実際に移植された患者様には大きな影響が出ていないことがわかっています。

床ずれ薬からの転用

 

歯周組織再生材の開発に関わっていたある大学教授はこう語りました。

「この歯周組織再生材のおもな成分は人間の体内にあるタンパク質を人工的に生産したもの」

これは再生医療等で多く使われているもので、幼い豚の歯のもとになる組織から抽出るようです。

この抽出されたあるタンパク質は、体の中で傷を治すときなどに放出される特別な成長因子の一つだと言われています。

 

数十年前から、再生医療にこのタンパク質が使えないかと注目されたようです。

しかし、当初は歯の治療には用いられず床ずれなどの皮膚の治療に研究されていたようです。しかし、その後に骨の再生にも効果があることが知られてきたため、歯周組織の再生にも効果があるのではないかと思われはじめました。このタンパク質には骨の細胞や線維芽細胞、セメント芽細胞などの組織を活性化して、骨や結合組織、セメント質の再生を促す働きがあることが知られています。

細胞が増えていくように支援するだけでなく、様々な新しい血管を回復し、破壊された歯周組織へと栄養を送り込む効果も期待されています。そのため、より早く再生させる力もあると思います。しかし国内では開発の前例がない薬剤なので、かなりの期間に渡って歯周組織再生剤としての安全性と有効性をじっくりと確認されてきたようです。国内各地の歯科大学病院などで実施された大規模な臨床治験によると、投与後一定期間での歯槽骨の回復の度合いはかつての治療よりも大幅に改善されたようです。

しかし、開発に関わっていた大学教授は、「再生療法で重要なのは単にレントゲン画像で骨が増えていることだけではない。再生治療後に患者さんの歯が長期にわたって健全な状態で使えているかどうかだ」と指摘します。

期間の限られる臨床試験ではレントゲン撮影だけでは判断できない部分で完全に回復していないことがあるのでしょう。そういった、僅かな期間の回復だけでなく、一生に渡って健全な状態でいられる再生治療が望まれるように思います。